施設周辺の自然災害リスク情報を把握

自然災害リスクマップ

サービス概要

国や地方公共団体等は、土砂災害・水害・落雷・地震等の被害想定や各種ハザードマップを公表しています。当社ではこの膨大なデータを地図システムに取り込み、最新データに一元管理の上、社会福祉法人の施設周辺に潜在している自然災害リスク情報を「自然災害リスクマップ」として提供します。

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)

施設周辺に散在する自然災害リスク情報(土砂災害・水害・落雷・地震)を4種類のマップに表示し、一覧性の高いレポートになっています。

本マップの目的と効果

施設周辺の自然災害リスクを把握できることに加えて、事前対策(保険手配を含む)を講じる必要性の判断や、「事業継続計画(BCP)」の策定においても有効にご活用できます。

自然災害リスクの種類
土砂災害
地すべり、土石流、急傾斜地崩壊が起こりうる区域または箇所
水害
河川氾濫により浸水が想定される区域の浸水深
落雷
過去の落雷実績データにより集計した落雷発生箇所
地震
今後30年間に発生する地震における予想最大震度

自然災害リスクマップは当社が独自にシステム開発したサービスです。